超越 論 的 観念論

超越 論 的 観念論

超越 論 的 観念論



カント認識論の立場は超越論的観念論あるいは超越論的主観主義と呼ばれている。彼の考えかたでは,科学的認識の対象である自然の基本構造は主観の形式によって,すなわち感性や悟性の形式(時間・空間,カテゴリーなど)によって決定されているが,この主観は個人的・経験的な意識主体ではなく,経験的自我の根底に向かう哲学的反省によってはじめて明らかに ...

〈学協会シンポジウム「実在論の可能性」〉超越論的観念論を継承する現象学における事実性と偶然性 とは述べていないのである。しているのみであり、この証明根拠が証明のための十分な条件であるためには少なくともこの証明根拠を用いる必要があるということを示して可能なものは一つしかないこと、それゆえ神の現存在を証明するいない。すなわち、この著作 ...

超越論哲学(ちょうえつろんてつがく、独: Transzendentalphilosophie, 英: transcendental philosophy)とは、カントを中心とし、フィヒテやシェリングなどにも見られる哲学に対する態度。超越論的哲学(ちょうえつろんてきてつがく)とも言われる。古くは、先験哲学、先験的哲学という用語が使われていたが、アプリオリ(a priori)の訳語で与えられる「先天的」という表現と紛らわしいため、現在では見られない。なお、Transzendentalに「超越論的」という訳語を最初に提案したのは、

我々が生きている世界は、心の中の世界=表象にすぎない。その一方で、しかし同時に「物自体」はある、とも言うカントの超越論的観念論。そのカラクリとして、基本的なものの見方・考え方の枠組みが人間の心にはあらかじめセットされているとカントは強調したわけだが、この点を強調することによって、その哲学は、後年の哲学者達の思想的転回に大きく貢献し ...

 · 超越論的観念論はフィヒテやシェリングなどを経由し、ヘーゲルによってドイツ観念論として一応の完成を見た。

周知の通り、イマヌエル・カントが超越論的観念論という名称で意味していたの は、「すべての現われをことごとく単なる表象とみなして、諸物自体そのもの(Dinge an sich selbst)とみなさず」、時間と空間とを「諸物自体そのものとしての諸客観のそ れ自体だけで与えられた規定ないし条件ではない」と考える立場のことであった (KrV, A 369)。

超越論哲学ちょうえつろんてつがくTranszendentalphilosophie ドイツ語. 先験哲学ともいう。. 経験を超えて超越論的に経験の成立条件を問うカントの哲学。. カント自身はさらに自分の立場を超越論的観念論と規定するが、それはカントの説明によると、「すべての現象を物自体としてではなくて単なる表象とみなし、したがって時間と空間を物自体としての対象の自体的に ...

しかしこの超越論的観念論による認識論的意味における超越と形而上学的意味における超越との結合は、さまざまな問題を引き起こすこととなり、シェーラーなどによって形而上学的独断と批判されることとなった。たしかにこのような考えは、あきらかにフッサールが超越的なものの存在領分 ...

「超越論的」とは. カントのいう「超越論的」とは、①「対象を認識する方法そのものについての、あらゆる認識(において)」という意味。認識に関するメタ認識という意味で「<超越論>的」と言われる。

超越 論 的 観念論 ⭐ LINK ✅ 超越 論 的 観念論

Read more about 超越 論 的 観念論.

happykupons.ru
vmtz-spb.ru
strekoza-tours.ru
ksktiksi.ru
stusha.ru
color45.ru
kreditizaim.ru
filmking.ru
slesar-santehnic.ru
rufomira.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Guest

The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.

Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu