ブーヴィーヌ の 戦い

ブーヴィーヌ の 戦い

ブーヴィーヌ の 戦い



ブーヴィーヌの戦い(フランス語: Bataille de Bouvines, 英語: Battle of Bouvines, 1214年7月27日)は、フランス王フィリップ2世が神聖ローマ皇帝オットー4世、フランドル伯フェラン、イングランドのソールズベリー伯ウィリアム(長剣伯)、ブローニュ伯ルノーらの連合軍をフランドルとフランスの境近くのブーヴィーヌで破った戦い。 参戦、もしくは関わっていた国(組織・地域)と人物の数は中世ヨーロッパにおいて十字軍を別にすれば最大の会戦だった。この勝利によってフィリップ2世はカペー朝の王権を確実なものとした。一方、敗戦の結果、オットー4世は皇位を失い、イングランド王ジョンは大陸領土の回復に失敗し、イングランドで諸侯の反乱に屈することになる。

のイングランド王ジョンは、後世「

のイングランド王ジョンは、後世「

ブーヴィーヌの戦い. 参戦、もしくは関わっていた国 (組織・地域)と人物の数は中世ヨーロッパにおいて 十字軍 を別にすれば最大の会戦だった。. この勝利によってフィリップ2世は カペー朝 の王権を確実なものとした。. 一方、敗戦の結果、オットー4世は皇位を失い、イングランド王ジョンは大陸領土の回復に失敗し、イングランドで諸侯の反乱に屈することに ...

ブーヴィーヌの戦いはフランスの国家統一の始まりとしてフランス史では自覚されている。 フランス国民意識の成立 (引用)フランス国王の敵どもは結合した。英国王(失地王ジョン)、ドイツ皇帝(オットー四世)、フランドル伯フェランおよびその他の大諸侯がフランドルに集中した。この同盟に反対して、フィリップ・オギュストは教会と人民を味方につけた ...

原題は「ブーヴィーヌの日曜日」。言うまでもなく、1214年7月27日、フランス王フィリップ2世の軍がドイツ皇帝・イングランド王らの連合軍を破った戦闘である。アナール学派の重鎮が「事件史」を書いたというので話題になったが、もちろん単純に事件史の復権を目したものではなく、著者によれば「中世の戦争の社会学」の試みである。

 · フランス尊厳王フィリップvsイングランド欠地王ジョン&神聖ローマ皇帝オットー4世この戦いの結果、大憲章(マグナ=カルタ)が認められたり ...

ブーヴィーヌ の 戦い ⭐ LINK ✅ ブーヴィーヌ の 戦い

Read more about ブーヴィーヌ の 戦い.

strekoza-tours.ru
ksktiksi.ru
stusha.ru
color45.ru
kreditizaim.ru
filmking.ru
slesar-santehnic.ru
rufomira.ru
convolut.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.

Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Calendar
MoTuWeThFrStSu